Relicsorganizespecialist

遺品整理に困った時に助かる遺品整理業者の存在

遺品整理士の存在

遺品整理業の増加に伴い、今もなお遺品整理法は整っていません。中には不当な金額を平気な顔して請求する業者も存在します。こうしたモラルの低下を是正する目的で、遺品整理士が誕生しました。

こんな人に利用されている遺品整理業者

遠くに住んでおり片付けが困難

福岡や富山以外に住まわれいる場合は、よく遺品整理業者が利用されています。交通費がかからない上に、手間が省けるため助かるとの声が多いです。

ゴミ処理の仕方がいまいちわからない

故人と別々に生活していた場合、その土地のごみ処理法は把握していません。その理由から、各地域に密着する遺品整理業者が積極的に利用されています。

葬儀の後で気分が乗らない時

大切な人が亡くなった後なので、遺品整理に気が向かないのは当然です。また故人の愛用品に触るたび悲しみがこみ上げて作業にならないでしょう。こういう時も業者が代わりに遺品整理をしてくれます。

整理整頓が苦手

遺品整理以前に、整理するのが苦手という方にも業者は非常におすすめです。あちらは整理整頓のプロなので、丁寧に且つスピーディーに遺品整理をこなすでしょう。

好きな時間に利用したい

遺品整理業者の強みは、365日いつでも対応できることです。葬儀の日程に合わせて依頼したいので、いつでも対応できる体制でいてくれるのはとても助かります。

一昔前は自分で行なうのが普通だった

今となっては遺品整理も専門業者に依頼するのが当たり前になっていますよね。しかし、昔は、遺族の手で行なうのが普通だったようです。高齢化社会に伴い、少しずつサービス体系が変化し、福岡や富山にも遺品整理専門業者が次々と誕生しています。

遺品整理業者と不用品回収業者の違い

遺品整理業者の仕事

故人が残したものを処分するものと残すものを分けて、整理するのを仕事とします。不用品回収業者との大きな違いは、遺品の供養をしてくれるかどうかです。物を処分するにあたって、これらの行ないはとても重要だと考える方もいます。

不用品回収業者の特徴

遺品の中にタンスやベッドといった大きなものがあった場合、不用品回収業者へ処分を依頼します。また再販可能の物があれば、買取という形で対応することもあります。

遺品整理を依頼する前に気になるアレコレを解決!

ダンボール

遺品整理業者の気になるサービス

遺品整理や供養はもちろん、遺品の買取やお部屋の掃除など、多岐にわたるサービスが自慢です。形見分けの品を一時保管するサービスも人気で、遠くに住む親族に形見分けの配送をしてくれます。必要に応じて、住まいの消臭や消毒の作業も承っています。

遺品整理にかかる費用

遺品の量や部屋の広さによって遺品整理にかかる費用は異なります。例えば、1DKの場合、3万5千円から4万円の間となるでしょう。作業時間はおよそ1時間から2時間なので、物が少ない場合に適しています。

なるべく安く済ませる方法

葬儀にもお金が発生しますので、できれば遺品整理は安く済ませたいのが本音です。そのためには遺品の量を減らす、業界一安い業者を利用してみるとことをおすすめします。

広告募集中